名古屋マリオットアソシアホテル宿泊記:名古屋駅真上の地域を代表するホテル

こんにちは! 家族旅行大好き、陸マイラーのひかパパ(@zaitech_net)です。

マリオットボンヴォイのステータスマッチ後のプラチナ修行4泊目、GoToトラベルキャンペーンを利用して「名古屋マリオットアソシアホテル」に宿泊してきました。(今回はひとりでの宿泊です)

2017年にSPGアメックスカードを持ってからもずっと泊まりたかったのですが、今回ついにその夢が叶いました。

名古屋マリオットアソシアの特徴
  • 名古屋駅直結でアクセス良く、眺望良し(部屋次第)
  • コンシェルジュラウンジが素晴らしい
  • とにかくコンシェルジュラウンジが素晴らしい
  • 朝食が豪華で美味しい
  • フィットネスクラブのラグジュアリー感がすごい

ひかパパ

高級ホテルが少ない名古屋にあって、たぶん人気&実力No.1なんじゃないでしょうか。

宿泊料金は決して安いということはありませんが、東京と比べると周辺相場がお安いこともあって、コスパは他のマリオットの追随を許しません。

そして、なにより愛知県生まれ愛知県育ちの私にとって名古屋マリオットアソシアは学生時代からの憧れのホテルでしたので、夢が叶ってよかったです^^

名古屋マリオットアソシアホテル

ホテル概要

ホテル名称名古屋マリオットアソシアホテル
住所愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4
電話番号052-584-1111
カテゴリーカテゴリー5
無料宿泊に
必要なポイント
通常:35,000
ピーク:40,000
オフピーク:30,000
開業2000年5月17日
階数地上1階~52階
客室数全774室
クラブラウンジあり
プールあり(プラチナエリート以上無料)
添い寝条件小学生以下無料
※大人1名につき子ども1名まで
※ベッド1台につき子ども1名まで
チェックI/Oチェックイン: 15:00
チェックアウト:12:00
駐車場1日 2,750円
※13:30~翌13:30

アソシアホテルはJR東海ホテルズが運営するホテルブランドです。

1999年に完了したJR名古屋駅の建て替えに伴い、その真上に誕生した地上200メートルを超える2つの高層ビル(ツインタワー)を有するJRセントラルタワーズ。

その片方のタワー(写真最左のホテル棟)に入居しているのが名古屋マリオットアソシアホテルです。

一番左のタワーに名古屋マリオットアソシアホテルが入居

全774室と大型で、ホテル内には8つのレストランやバーを備える、JR東海のフラグシップとも言えるホテルです。

ひかパパ

近年高層ビルが急速に増えた名古屋駅周辺ですが、JRセントラルタワーズが出来た時の衝撃は今でも忘れません。

客室と添い寝条件

名古屋マリオットの部屋の構成はこのようになっています。

レギュラーフロア(20~34F/38~46F)

  • スタンダードダブル(25㎡)

  • スタンダードツイン(35㎡)

  • デラックスダブル・ツイン(38㎡)

  • アクセシブルルーム(38㎡)

  • コネクティングルーム(76㎡)

 

コンシェルジュフロア(35~38F/46~49F)

  • 和室・和洋室(101㎡・56㎡)
  • デラックスダブル・ツイン(38㎡)
  • プレミアトリプル(54㎡)
  • プレミアフォース(54㎡)
  • ジュニアスイート(55㎡)
  • コーナースイート(66㎡)
  • デラックススイート(83㎡)
  • エグゼクティブスイート(113㎡)
  • プレデンシャルスイート(126㎡)
  • インペリアルスイート(202㎡)

1人用のスタンダードルームがあるのと、スイートのバリエーションが豊富な点が特徴的だと思います。

添い寝条件は、

12歳以下まで無料

※大人1名につき子ども1名まで
※ベッド1台につき子ども1名まで

アクセス

名古屋マリオットアソシアホテルは名古屋駅直結のホテルです。

新幹線やJRの場合は、名古屋駅1Fコンコースより桜通口方面(新幹線口とは逆側)に行き、エレベーターで受付のある15階に上がります。(15階に行けるエレベーターは複数ヶ所あるのでどれでも大丈夫です)

1Fエントランス

セントレア(中部国際空港)からは名鉄になりますので、名鉄名古屋駅を一旦出てJR名古屋駅に向かいましょう。(徒歩1分)

車の場合は、ホテル内駐車場の入り口が3か所ありますが、いずれも「分かりづらい」と言われているので、事前に公式サイトで進入ルートを確認しておくと良いと思います。

無料宿泊特典 or ポイントでの宿泊が可能

マリオットボンヴォイで貯めたポイントで、世界中の7,000を超えるマリオットグループホテルに無料で宿泊できます。(ホテル一覧はこちら

ひかパパ

ハワイやモルディブなどのリゾート、世界中の有名都市に泊まれますし、ザ・リッツ・カールトンのようなラグジュアリーホテルにも無料で泊まれちゃうすごいポイントプログラムなんです^ ^

カテゴリー5である名古屋マリオットアソシアは以下の通り1泊30,000~40,000ポイント。

オフピークスタンダードピーク
カテゴリー15,0007,50010,000
カテゴリー210,00012,50015,000
カテゴリー315,00017,50020,000
カテゴリー420,00025,00030,000
カテゴリー530,00035,00040,000
カテゴリー640,00050,00060,000
カテゴリー750,00060,00070,000
カテゴリー870,00085,000100,000

ひかパパ

名古屋マリオットアソシアは1泊2~4万円程度。

特に年末年始はそれ以上に高かったりもしますので、そういった時にポイント宿泊はお得ですね。

通常より6,000ポイント多い、36,000ポイント獲得キャンペーンをご紹介できます。

ページ下部のLINEやお問い合わせ、twitter等でひかパパまでご連絡ください。

マリオットポイントの貯め方やお得な使い方はまた別途ご紹介したいと思います。

また、50,000ポイント以下のホテル・シーズンならSPGアメックスカードの無料宿泊特典でも泊まることができます。

年会費34,100円とちょっとお高いクレジットカードですが、ラグジュアリーホテルに無料宿泊できる上、マリオットポイントがザクザク貯まります

SPGアメックスカードの特徴
  • カード発行2年目以降毎年1泊無料宿泊特典(50,000ポイント以下の宿泊)がもらえる
  • アメックス加盟店(どこでも)の買い物で3%分のポイント還元
  • マリオットボンヴォイ参加ホテル宿泊時のポイント還元が約16%
  • 宿泊時レイトチェックアウト最大14時
  • アジア太平洋地域のマリオットボンヴォイ参加ホテル内レストランが15%OFF

ひかパパ

数々のクレジットカードを使ってきましたが、ここ数年はSPGアメックスカードがメインです。

マイルをポイ活で貯めつつ、SPGアメックスで買い物することで飛行機も高級ホテルもお得になります^ ^

マリオットボンヴォイのエリート特典

名古屋マリオットアソシアホテルでは、マリオットボンヴォイでのステータスに応じて様々な特典を受けられます。

ゴールドプラチナ以上
部屋アップグレードより望ましい部屋より望ましい部屋
(一部スイート含む)
ウェルカムギフト500ポイント1,000ポイント
朝食無料(本人+1名)
クラブラウンジ利用可(本人+1名)
フィットネスジム・
プール
プールは有料無料
レイトチェックアウト最大14時最大16時
ボーナスポイント25%ボーナスプラチナ:50%ボーナス
チタン以上:75%ボーナス
レストラン割引対象レストランで15%OFF対象レストランで20%OFF

プラチナエリート以上ならクラブラウンジを無料で利用可能です。

こちら現在は特殊な運用になっているようでして、クラブラウンジに相当するコンシェルジュラウンジというものがあるのですが、プラチナおよびチタンエリートメンバーは一部時間に限って専用のクラブラウンジを利用することもあるようです。

また、ひとり3,200円の朝食も大人2名分無料(特典はウェルカムギフトと別に付きます)。

利用したプラン

2020年10月17日(土)、お部屋タイプおまかせ、素泊まりで26,000円(税・サービス料込)のプランで宿泊しました。

予約するのが直前になってしまったため、マリオット公式サイトには空室がありませんでした。

そこでアソシアホテル側の公式サイトを確認したところ「お部屋タイプおまかせ」のプランが掲載されていたため、電話でマリオットボンヴォイの宿泊実績付与と特典の利用が可能かを確認しつつ、予約しました。

マリオットボンヴォイの会員IDをお伝えしたところ翌日にはマリオット公式アプリにも予約が反映されていましたが、ルーム名は「スタンダードルーム、1クイーン」となっていました。

※名古屋マリオットアソシアはひとり部屋もあるため、1名泊と2名泊では料金が異なります。

支払い料金26,000円 ※税・サービス料込
GoTo適用後 → 16,900円
地域共通クーポン4,000円分
マリオットポイント7,654ポイント
└ ベース 2,093
└ エリートボーナス 1,047
└ ウェルカムギフト 1,000
└ キャンペーン 2,500
└ SPGアメックス決済 1,014

GoToトラベルの割引と地域共通クーポン、マリオットポイントでかなりお得に宿泊できました。(1ポイント=1円と考えると実質5,000円くらい)

これにプラチナエリート特典のコンシェルジュラウンジアクセスと朝食無料の特典が付いてきました!

ひかパパ

もう少し早めの予約ならさらにお安かったと思いますが、結果的には部屋タイプおまかせとは言え、プラチナエリートの優遇で眺めの良い部屋にもして頂けましたし大満足です^ ^

チェックイン

前日に宿泊した横浜ベイシェラトンを出発し、新幹線で名古屋に向かいました。

この土日はテレワークでの仕事があったのと、プライベートの用事のため名古屋に滞在しました。

名古屋駅で新幹線を降り、マリオットへと向かいます。

この日は1階のホテルエレベーターから15階に上がりました。

このエントランスは、JR名古屋駅と名鉄名古屋駅を結ぶ通路にあります。

ひかパパ

名古屋市民でもないボクでも何十回とこのMarriott ASSOCIAのロゴを横目にここを通りました。

このホテルが気になっている愛知県民はめちゃめちゃ多いと思います。

一生無縁だと思っていたホテルに泊まれる日が来るなんて感無量です!

ちなみに、JRセントラルタワーズのタワーズシャトルエレベーターで15階に上がると、スカイストリートと呼ばれるホールに出ます。

JRセントラルタワーズ スカイストリート

スカイストリートからは目の前にそびえ立つ大名古屋ビルヂングとミッドランドスクエアが見えます。

スカイストリートからの眺望

そしてここにもエントランスがあります。

15階のエントランス

中に入ると、戦国武将の展示がありました。

戦国武将の展示

名古屋マリオットではプラチナ以上のメンバーはコンシェルジュラウンジでのチェックインが可能です。

コンシェルジュラウンジ エントランス

というわけで、15階のコンシェルジュラウンジに向かったのですが、あいにくチェックイン待ちの方が多かったようでフロントでのチェックインの方がスムーズだとご案内いただきました。

到着したのは12時半くらいでしたが、こちらは待ち客はなくスムーズにチェックインできました。(アーリーチェックインも問題なかったです)

フロント

ちなみに15時半頃のフロントはこんな状況でした。

チェックイン待ちの行列

この時期はGoToトラベル効果で週末はこんな光景を見る機会が多かったです。

スタンダードルーム・クイーン

アップグレードは無し

東京マリオットホテル、横浜ベイシェラトンに続きここでも部屋のアップグレードはありませんでした。

空室がないことは分かっていた、どころか無理やりねじ込んだくらいですので、望むべくもありません。

しかしながら、「なるべく高層階のお部屋をご用意させていただきます」ということで、プラチナエリートへの配慮をいただくことができました。(感謝)

レイトチェックアウトについては16時までOKとのことでしたが、翌日は朝から移動の予定でしたのでお願いしませんでした。

レギュラーフロア(20~34F/38~46F)

  • スタンダードダブルorクイーン(25㎡)予約&宿泊した部屋

  • スタンダードツイン(35㎡)

  • デラックスダブル・ツイン(38㎡)

  • アクセシブルルーム(38㎡)

  • コネクティングルーム(76㎡)

 

コンシェルジュフロア(35~38F/46~49F)

  • 和室・和洋室(101㎡・56㎡)
  • デラックスダブル・ツイン(38㎡)
  • プレミアトリプル(54㎡)
  • プレミアフォース(54㎡)
  • ジュニアスイート(55㎡)
  • コーナースイート(66㎡)
  • デラックススイート(83㎡)
  • エグゼクティブスイート(113㎡)
  • プレデンシャルスイート(126㎡)
  • インペリアルスイート(202㎡)

部屋の様子

チェックイン後、部屋へと向かいます。

各階エレベーターホールを降りた後に、ルームキーをかざさないと部屋に行けない仕組みになっていて、セキュリティーの高さを感じました。

エレベーターホール

アサインされたのは4102号室。

部屋の扉

部屋に入ると右側にバスルーム、奥にベッドルーム。

ラグジュアリーとまではいかないですが、全体的に落ち着いた雰囲気が好きです。

ベッドはシモンズ製のマットレスを使用。

マリオットのマットレスは個人的には寝心地が良くて好きです。

クイーンベッド

こちらは右サイドのナイトテーブル。

ナイトテーブル

左側のナイトテーブルにはタブレットが置かれていました。

ナイトテーブル(タブレット)

最近のホテルに比べると電源周りはやや心もとないですが、ひとりでの宿泊でしたので問題ありません。

こちらはデスクとチェア、空気清浄機も最初からありました。

デスクとチェア

作業には向かない仕様だったので、この日残っていた仕事はコンシェルジュラウンジで終わらせました。

デスクにはインルームダイニングとランドリーサービスの案内。

ルームサービスの案内

コンパクトなテレビボードは部屋の角に。

テレビボード

エスプレッソマシンはカフィタリーシステム。

ボトルウォーターとエスプレッソマシン

無料のドリンク。(紅茶はDilmah)

ポットとカフェ

こちらは有料のミニバー。

ミニバー
食器類
ルームウェア
セーフティボックス
クローゼット

クローゼット内部

眺望

南向きの部屋ということで、東京方面を行き来するJR在来線と新幹線、名古屋市内を望むビューでした。

写真右側に写っているいるのは、一見円柱に見えるタワーが実はちょっと飛び出してる部分(客室)があり、その壁が見えるためです。

シティービュー

こちらは早朝の景色。

セントラルタワーズは名古屋駅周辺の高層ビルでは最南端に位置するため、高層階のビューはかなり良いですね。(これもプラチナのおかげです^ ^)

早朝の景色

線路が近いですが、高層フロアだったためか騒音は全く気になりませんでした。

バス・アメニティ・トイレ

続いてウェットエリア。

大理石調が高級感を演出しています。

ウェットエリア

ユニットバスタイプ。

2017年にお隣にオープンした、同じJR東海ホテルズが運営するJRゲートタワーホテルはこれよりわずかに広い部屋でもバスタブが分かれているセパレートタイプであるのと比べると残念な気がします。

シャンプー類は記憶が飛んで覚えてないのですが、THANNではなかった(=マーガレット・ジョセフィン)と思います。(たぶん)

※2020年12月からマリオットの本国アメリカで使用されているthis worksに変わったようです

バスアメニティ(シャンプー類)

意味もなく蛇口を撮るのは私の癖なのか。。

洗面台

ハンドソープなどはマーガレット・ジョセフィン。

ハンドソープ、フェイスソープ
ミルクローションとフェイスタオル

ドライヤーとバスアメニティ。

ドライヤーとバスアメニティ。
バスアメニティ
  • メンズスキンケアセット
  • 洗顔フォーム
  • 化粧水・乳液
  • 整髪料
  • コットンセット
  • 綿棒
  • シャワーキャップ
  • 歯ブラシ
  • ヘアバンド
  • くし
  • 髭剃り
  • ボディタオル
バスアメニティ

トイレ

部屋はマリオットらしさを感じる部分とそうでない部分を感じる要素が入り混じっていましたが、いずれにしても清潔感もあって居心地よく過ごすことのできる部屋でした。

コンシェルジュラウンジ

私が宿泊した時点ではプラチナエリートも終日コンシェルジュラウンジ利用でした。

現在、プラチナおよびチタンエリートは一部時間帯で専用ラウンジを利用する運用に変更になっているようです。

ドリンクやフードメニューがコンシェルジュラウンジと専用ラウンジで多少の違いがあるようです。

名古屋マリオットではクラブラウンジではなく「コンシェルジュラウンジ」と呼ぶようです。

別途15階にあるロビーラウンジ「シーナリー」とは別物ですのでご注意ください。

このコンシェルジュラウンジがすごく魅力的です。

というのも、終日アルコールが提供されているのに加えて、アフタヌーンティー、カクテルタイム、ナイトキャップ、朝食とフードプレゼンテーションとも呼べるクオリティの軽食や食事が提供されます。

アフタヌーンティー
カクテルタイム
コンシェルジュラウンジの様子

コンシェルジュラウンジの利用方法や内容についてはこちらの記事にまとめました。

名古屋マリオットのコンシェルジュラウンジ:アフタヌーンティー・カクテルタイムなど充実の内容をレポート

朝食

今回朝食はオールデイダイニングのパーゴラでいただきました。

ブッフェ形式の朝食なのですが、種類豊富、名古屋メシ有り、そして美味しい、ということで大満足の内容でした。

朝食(ブッフェ)の様子
焼きたてのフレンチトースト
名古屋名物ひつまぶし
いただいたもの
朝食会場の様子

朝食についてはこちらの記事にまとめました。

名古屋マリオットアソシアホテルの朝食:パーゴラでのブッフェをレポート

フィットネスクラブ

名古屋マリオットはフィットネスクラブもめちゃめちゃ気合の入った造りになっています。

プールに続く通路

営業時間

滞在した日の営業時間はこのようになっていました。(公式サイトとの情報と異なりました)

フィットネスジム7:00~21:00
※最終受付20:00
プール・ジャグジー7:00~21:00
※最終受付20:00
サウナ・浴室・ロッカールーム7:00~21:00
※最終受付20:00

以前はジムエリアは24時間営業していたようですが今は休止中。

スタジオレッスンについても休止中のようです。

子どもの利用
  • ジムエリアは18歳以上
  • プール・浴室・サウナはおむつの取れている4歳以上(4~12歳は保護者同伴の上、9時~18時) ※防水おむつ不可

料金

マリオットボンヴォイのプラチナエリート以上とコンシェルジュフロア宿泊者はフィットネス内すべての施設を無料で利用できます。(マッサージを除く)

  • ジムエリア
  • プール・ジャグジー
  • ロッカー・浴室・サウナ

※有料レンタル用品:Tシャツ・ハーフパンツ・水着(レンタル料 各550円)

※無料レンタル用品:トレーニングシューズ・靴下・スイムキャップ・ゴーグル・タオル・アメニティー類

※レッスン料1レッスンにつき1,100円

それ以外のレギュラーフロア宿泊者は、ジムエリアのみ無料、それ以外の施設は3,300円で利用できます。

  • プール・ジャグジー
  • ロッカー・浴室・サウナ

※レンタルウェア代・レッスン代含む

施設

プールエリアには20メートルプールが3レーンとジャグジー、テルマリウム、ウォームルーム、バイブラゼーションベッドがあります。

公式サイトより引用

ジムエリアには、各種マシンとエアロビクススタジオがあります。

公式サイトより引用

さらに浴室とサウナも。

公式サイトより引用
リラクゼーションルーム

利用したかったのですが、残念ながら時間がなく見学だけさせていただきました。

まとめ

憧れの名古屋マリオットアソシアホテル、噂には聞いていましたが想像以上に素晴らしいホテルでした。

とにかく建物や共用スペースのハード面が素晴らしかったです。(もちろんソフト面もですが)

ホテル内のレストランも充実してますが、セントラルタワーズ、ゲートタワー、さらにKITTEや大名古屋ビルヂング、繁華街もすぐ近くにあって食べ飲みには全く困らない立地なのも魅力的ですね。(新幹線もすぐ乗れます)

さらにプラチナエリート以上ならコンシェルジュラウンジ、フィットネスクラブ、朝食のすべてを無料で利用できて、もう本当に最高です。

ひかパパ

プラチナのうちにまた行きたいです!

以上です、最後までお読み頂きありがとうございました。

併せてこちらの記事も読んでいただけますと嬉しいです。

名古屋マリオットアソシアホテル宿泊記:名古屋駅真上の地域を代表するホテル 名古屋マリオットアソシアホテルの朝食:パーゴラでのブッフェをレポート 東京マリオットホテル宿泊記:朝食・部屋・アメニティなどをレポート 名古屋プリンスホテル スカイタワー子連れ宿泊記:部屋・アクセス・眺望・添い寝などをレポート

※記載の内容は極力最新の情報への更新を心掛けていますが、カバーしきれない部分もありますことご了承ください

※緊急事態宣言やまんぼうの状況により、レストランやラウンジの営業時間の変更が多発してますので、事前にホテル公式サイトや電話などでご確認することをお勧めいたします。

    LINEにて陸マイラーが見逃せないポイント案件やブログに書けない情報を発信しています!
    友だち追加
    ※あなたのアカウント名は分からないのでご安心下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA