【TOKYUルートが使えない】ワールドプレゼント・ECナビ・Gポイント・Tポイントを最大70%でANAマイルに交換する方法

こんにちは!三度の飯よりマイルとポイントが大好き、ポイ活系陸マイラーのひかパパ(@zaitech_net)です。

現在、ポイントサイトのポイントをANAマイルに交換する王道ルートはTOKYUルートです。

TOKYUルートは75%というかなり高いレートでANAマイルに交換することができます。

TOKYUルートって何?ANAマイルを爆速で貯める【交換レート75%】の全貌

しかし、ドットマネーに交換できない一部のポイントについてはこのTOKYUルートを使うことができません。

例えば、ECナビポイント、Tポイント、Gポイント、Vポイント(旧ワールドプレゼントポイント)などです。

「それらのポイントをできるだけたくさんのANAマイルにしたい!」というのが本記事の趣旨です。

というわけで今回は、Vポイント(旧ワールドプレゼント)やECナビ、Tポイント、GポイントなどTOKYUルートを使えないポイントをANAマイルに交換する方法について解説してみたいと思います。

ひかパパ

ANAカードをお持ちの方は、Vポイント(旧ワールドプレゼント)についてはボーナスポイントのお話です。通常ポイントは5マイルコースあるいは10マイルコースを使って交換して下さいね。

TOKYUルートの代替ルートは全部で4つ

TOKYUルートを使えないポイントを高いレートでANAマイルにする方法は主に4つあります。

ひかパパ

ECナビ、Vポイント(旧ワールドプレゼント)、Gポイント、Tポイントのいずれも全ルート使えます。
大前提

以降あえて記載していませんが、Vポイント(旧ワールドプレゼント)にポイント交換する場合、三井住友カードが発行するANAカード、あるいは三井住友カード(スタンダード)などのVポイントが貯まるクレジットカードが必要です。

① 交換レート 70% 「JQみずほルート」

JQみずほルートの特徴
  • 誰もが実践可能
  • 70%でANAマイル交換に可能
  • 交換回数が多い
  • ANAマイルに交換するまでに最低1ヶ月かかる

「JQ CARDセゾン」と「みずほマイレージクラブカード/ANA」という二つのクレジットカードが必要です。

Vポイント(旧ワールドプレゼント) からANAマイルまで最短で1ヶ月足らずで交換できるのも魅力ですね。(ECナビからはプラス1ヶ月かかります)

Gポイント→JRキューポJRキューポ→永久不滅ポイント永久不滅→ANAマイル
交換レート100pt→100pt(等価)1,000pt→1,000pt(等価) 100pt→70マイル(70%)
交換単位100ポイント以上
100ポイント単位
1,000ポイント以上
1,000ポイント単位
100ポイント以上
100ポイント単位
交換上限無し無し無し
手数料5% ※但し条件達成で返還無し無し
必要日数2~3日後1~2日後月末締め翌月20日頃
交換条件特になしJQ CARDセゾンが必要みずほMCカード/ANAが必要

「みずほマイレージクラブカード/ANA」を持っていると永久不滅ポイントを70%の高レートでANAマイルに交換可能です。

カード発行にはみずほ銀行の口座も必要です。

みずほマイレージクラブカード/ANA
カード発行会社クレディセゾン
申し込み対象満18歳以上(高校生は除く)
みずほ銀行口座がない場合は口座開設が必要
年会費無料
特典100永久不滅ポイント→7 ANAマイルに交換

JRキューポから永久不滅ポイントの交換には「JQ CARDセゾン」が必要です。

カード発行会社クレディセゾン
国際ブランドVISA , MasterCard , JCB , AMEX
申し込み対象満18歳以上(高校生は除く)
年会費無料
特典九州~新大阪間の新幹線がお得
アミュプラザのお買い物が5%OFF
JRグループホテルで10%OFF
カード発行の際はポイントサイトを経由しよう!

クレジットカードを発行する際はポイントサイトのチェックをお忘れなく!

【5分で分かるポイ活】ポイントサイトで1年で20万円稼ぐ、ポイ活の裏技!

どこ得?」にアクセスしてカード名で検索すると今最もポイントを多くもらえるサイトを見つけられます。

ひかパパ

こちらのルートはカードさえ発行すれば誰でも実践可能です。

ANAマイル70%交換はかなり魅力的です。

② 交換レート70%「nimocaルート」

nimocarルートの特徴
  • 70%のレートでANAマイルに交換可能
  • JQみずほルートよりも交換回数が少ない
  • JQみずほルートよりも必要日数が少ない
  • 九州・函館に設置の交換機でのみ交換可能

続いても70%のルート。

nimocaは西日本鉄道が提供する九州を中心とした鉄道系の電子マネーです。

そのnimocaに付随する「nimocaポイント」を使うルートになります。

nimocaポイントはECナビやPeX、Gポイント、Tポイントから交換可能です。

Vポイント(旧ワールドプレゼント)の場合は手続きが早いGポイント経由が良いですね。(交換手数料はかかりません)

交換条件は以下の通りです。

Vポイント→PeXPeX→nimocaポイントnimoca→ANAマイル
交換レート1pt→50pt(等価)1,000pt→100pt(等価) 10pt→7マイル(70%)
交換単位200ポイント以上
100ポイント単位
1,000ポイント以上
500ポイント単位
10ポイント以上
10ポイント単位
交換上限無し無し無し
手数料無し無し無し
必要日数申込み翌日に付与 翌月15日前後 約1週間
交換条件三井住友カードの対象カード保有nimocaカード番号が必要ANA VISA nimocaカードが必要

nimocaからANAマイルへの交換にはANA nimocaカードが必要です。

ANA VISA nimocaカード公式サイトより引用
カード発行会社三井住友カード
申し込み対象満18歳以上(高校生は除く)
年会費本会員 2,200円 ※初年度無料
家族会員 1,100円  ※初年度無料
電子マネー対応nimoca(定期可), PiTaPa ,
ApplePay , GooglePay
特典10nimocaポイント→7 ANAマイル交換
入会時・毎年のカード継続時に1,000マイルのボーナスマイルをプレゼント

ANA VISA nimocaカードはnimocaポイントを70%の高レートでANAマイルに交換できるカードです。(TOKYUルートが75%ですので、nimocaの魅力もかなり増しました。)

かなりシンプルで良いルートですが、残念ながらnimocaポイントからANAマイルへの交換はPCやスマホではできません。

交換の為には、九州または函館地域に設置されている交換用の機械まで足を運ばなければなりません。

参考 nimocaポイント交換機設置場所(公式)nimoca.co.jp

ひかパパ

交換機に手軽に行ける方以外には難しい方法です

③ 交換レート67.5% 「セゾンTOKYUルート」

実はVポイント(旧ワールドプレゼントポイント)などの各ポイントは、無理やり迂回してTOKYUルートに乗せることが可能です。(勝手にセゾンTOKYUルートと呼びます)

セゾンTOKYUルートの特徴
  • 誰でも実践可能
  • ANA TOKYUマスターカードとJQ CARDセゾンのみでOK
  • 交換回数がかなり多い
  • 交換レートが67.5%とJQみずほルートやnimocaルートより少し悪い

「JQカードセゾン」と「ANA TOKYUマスターカード」が必要になります。

このルートの良いところは、TOKYUルートをそのまま活用できることです。

但し、永久不滅ポイントからドットマネーへの交換が90%レートの為、マイル交換レートが若干下がります。

ひかパパ

ちょっと複雑なのが難点ですが、ANAマイラーならみんな持ってるANA TOKYUカードを活用できるのはいいですね。

④ 交換レート 60% 「直接ANAマイルに交換」

最後はVポイント(旧ワールドプレゼント)を直接ANAマイルに交換する方法。

Vポイント→ANAマイル
交換レート1pt→6マイル(60%)
交換単位1ポイント以上
1ポイント単位
交換上限無し
手数料無し
必要日数約1週間
交換条件三井住友カードの対象カード保有

ひかパパ

超シンプル!

三井住友カードの対象カード(ANAカードや三井住友クラシックなど)だけ持っていればOK。

Tポイントも最低限このルートを活用してマイルに交換した方がいいですね。

まとめ

交換レート手間必要カードオススメ度
① JQみずほルート70%JQ CARDセゾン
みずほMC/ANA
② nimocaルート70%ANA nimocaカード
③ セゾンTOKYUルート67.5%JQ CARDセゾン
ANA TOKYUカード
④ 直接ANAマイル60%無し

nimoca交換機(九州・函館)に行ける方にはnimocaルート(交換レート70%)がオススメです。

それ以外の方は交換レート重視ならJQみずほルート(交換レート70%)かセゾンTOKYUルート(交換レート67.5%)。

色々面倒くさい方は「Vポイント(旧ワールドプレゼント)からANAマイルへの直接交換(交換レート 60%)」がベストチョイスですね。

MEMO
私はプリンスポイントもある程度貯めたいのでTOKYUルートに乗せられないポイントを優先的にプリンスポイントに回し、余ったポイントをJQみずほルートに乗せています!

ひかパパ

今回紹介したルートは仮にTOKYUルートが封鎖された時の代替ルートとも考えられます。

これだけあればしばらく安泰ですね。

最後に、必要なカードを発行する際はポイントサイトを忘れずに経由しましょう!

以上です、最後までお読み頂きありがとうございました。

併せてこちらの記事も読んでいただけると嬉しいです!

【2020年版】プリンスホテルに無料宿泊!プリンスポイントの交換方法と貯め方 【5分で分かるポイ活】ポイントサイトで1年で20万円稼ぐ、ポイ活の裏技! TOKYUルートって何?ANAマイルを爆速で貯める【交換レート75%】の全貌

    LINEにて陸マイラーが見逃せないポイント案件やブログに書けない情報を発信しています!
    友だち追加
    ※あなたのアカウント名は分からないのでご安心下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA